サイトメニュー
ホーム
ご利用案内
インプレ
コラム
商品・店検索
リンク
お問い合わせ
※全てのお問い合わせに返答はできません。ご了承ください。
インプレ検索

インプレカテゴリ
すべて
アコースティックギター
エレキギター
ベース
その他弦楽器
ドラム
その他打楽器
ピアノ・鍵盤楽器
管楽器
その他楽器
共通器材
Google検索
姉妹サイト
バイクインプレ
スポンサードリンク
コラム
コラムメニュー
初心者ギターの選び方
エフェクターの種類
ホーム > コラム > エレキギター エフェクターの種類

エレキギター エフェクターの種類


 エフェクターとは、音を歪ませたり、変化させる機械のことです。

 よくエレキギターでは、歪んだ音やエコーのような跳ね返る音等、アコギでは出せないような音を出していますよね?
 あれが、エフェクターの効果です。

 エフェクターを使うことにより、音の幅や表現力を広げることができます。

 エフェクターには、まず大きく分けて2種類あります。


コンパクトエフェクター


マルチエフェクター GT-10  基本的に、1つのエフェクターに対し1つの音が入っているエフェクターです。
 ※「OVER DRIVE/DISTORTION」等、例外もあります。

 こちらのエフェクターは、下記のマルチエフェクターより音が良いものが多く、また様々な音やメーカー等組み合わせることができるので、凝っている方はこちらを使用する方が多いです。

マルチエフェクター


マルチエフェクター GT-10  マルチエフェクターとは、複数の様々な音が内蔵されていて、それらを組み合わせて使用することができるエフェクターです。

 また、大抵の(全てではない)マルチエフェクターは音の設定を保存することができ、あらかじめ書きこんでおけば、足で踏み替えるだけで自由自在に音を操れるすぐれものです。

 1つの値段はコンパクトエフェクターより高価ですが、全ての音をコンパクトエフェクターで集めるよりはるかに安上がりです(物にもよりますが)。


では、次のページで音や用途の解説をしたいと思います!
次のページへ




コラムに戻る




Copyright (C) 2010 楽器インプレ All rights reserved.