バイクのすり抜けは違法?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクに乗らない方からすると、バイクは渋滞が関係ないからいいな、と思われることが多いです。バイクはすり抜けが出来るというのがメリットと考える人も実際にいます。
しかし、バイクのすり抜けについては、違法か合法なのか曖昧な部分があります。普段からすり抜けを行っている方でも、違法性についてはご存知無い方も多いのではないでしょうか。この記事では、その点を紐解いていきます。

まず、走っている車を左側から追い抜くという行為は基本的に違反となってしまいます。また、右側からの追い抜き、追い越しだけが合法となっていて、これも車線を越えないで前に出る場合のみ認められています。

信号待ちの場合にも、原則的には右側からの追い抜きだけで、路側帯を越えてしまってはいけません。渋滞の場合にも、右からの追い抜きならば問題はありません。また、左車線を走り、そして、車の右側を抜ければ大丈夫という形になります。

また、もし右側の車線に車線変更しないと抜けないという場合には、合図を出し、そして抜いたらまた左車線に戻る必要があります。

しかし、この場合、抜く車が完全に停止している場合になります。少しでも動いていたら、違反となってしまいます。

渋滞でも早く目的地に着けるというメリットはありますが、歩行者が車の間を横断して飛び出してきたり、車とミラー同士が当たって転倒してしまう危険性があります。また、私の親族で、すり抜けしていたら急に車のドアが開いてぶつかってしまい、打ちどころが悪くて亡くなってしまった方がいます。様々な危険なありますので、すり抜けはあまりせず、どうしてもという時は細心の注意を払って行うのが良いかと思います。くれぐれも、安全運転で、良いライダー生活を送りましょう!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加