バイクを友人や知人から売ってもらう時には

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクを買う時にはできるだけお得にバイクを入手したいという人も多いのではないでしょうか。そのような場合には、バイクを販売しているお店から購入するより、バイクを売りたいという個人から購入した方がよりお得に買うことができ、バイクは個人売買のニーズが高いのです。

友人や知人など、よく知っている人が乗っているバイクを直接売ってくれるという場合もあるのではないでしょうか。友人やよく知っている知人などからバイクを買うという場合には、手数料などもかからずに安く買える可能性は多いですよね。

インターネットにあるオークションサイトなどを利用して購入するなどの場合には、知らない他人と個人売買をすることになるので不安な面もあるかもしれませんが、私は自分で修理ができるので、最悪自分で直せば良いのです(事故車等はどうしようもないですが)。私はよく、オークションで不動車を購入し、安く買って自分で直して乗っていました。安いのはもちろんのこと、自分で手間暇かけて乗れるようにしたバイクは愛着もわきます。

しかし、個人間売買でも注意点があるのです。

例えば、個人間で売買をする場合には、購入したバイクの名義変更は自分たちで行う必要があるという点が挙げられます。例えば、友人がローンを利用してバイクを購入しているという時にはローンが完済されていないと名義変更がスムーズに行えないということもあって時間や手間が増えたりします。そのため、信販会社の所有権などが設定されていないかどうかは確認しておきましょう。

また、購入後に故障などの不具合があったという時にはどのように考えていくのかなどの点も明確にしておきましょう。友人や知人が把握している不具合を確認するとともに、自信でも他の不具合などがないかどうかなどをチェックしておいて、受け渡し直後に故障してしまった場合に対応をどのようにするのかということについては、相手の気持ちを考えながらも、きちんと確認はしておくようにしましょう。細かい要望や確認をしていくと人間関係に影響が出るというリスクもあります。バランスを取りながら決めるべきことはきちんと事前に決めておくということはとても重要になりますし、価格設定なども十分注意して行っていきましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加