50ccバイクよりも乗りやすい125ccバイクの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50ccのバイクよりも乗りやすい、125ccのバイクの魅力をご紹介致します。

50ccのバイクは一般道路での制限速度が30kmと法律で決まっています。普通車と同じ道路を走るのに50ccのバイクは30kmまでしかスピードを出してはいけません。それ以上のスピードを出すと違反になってしまいます。しかし、法定速度で走っていると、車を運転している人から「このバイク遅いな・・・」と見られてしまい、無理な追い越しをされたりして、危険が伴ってしまうこともしばしば。

もし接触して事故が起きてしまった場合、車の運転手は車体に守られますがバイクの運転手は生身です。これはとても危険ですね。

125ccのバイクは一般道路を運転する際、車と同じ法定速度「60km」で走行が可能です。そして、50ccで求められる2段階右折が必要ありません。つまり、車と全く同じ条件で運転する事が可能です。

125ccのバイクは50ccのバイクよりも簡単にスピードが出るので、車とほとんど同じスピード感覚で走る事が出来ます。むしろ車よりも小回りが聞くので、ゴチャゴチャした細かく細い道が多い都会では車よりも楽に移動できますね。

125ccのバイクの優れている所は、車と同じ法定速度で走れる事だけではありません。バイクにかかる維持費がとても安いのです。

バイクの自賠責保険料が50ccのバイクと同じで、法律で定められている車検もありません。そして燃費も50ccと同じくらいに優れています。車体の大きさも50ccよりも一回り大きい程度のバイクが多いので、駐車する時にも不便はありません。

50ccのバイクで不便を感じるよりも、初めから125ccのバイクを選んだ方がお金がかかりません。最近徐々にですが125ccのバイクに人気が出て来たので、車種も豊富にあり自分の好みにあうバイクも見つかりやすくなって来ました。スクータータイプもあれば走る楽しさを感じる事が出来るネイキッドやアメリカンのバイクもあります。

通勤や少しの移動の為に50ccのバイクを購入するのであれば、もう少し視野を広げて125ccのバイクを検討してみても良いかもしれませんね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加