チャンバーの断熱テープチューン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、手軽にできる定番チューンです。金をかけず、速くしたい方には、是非ともおすすめのチューン方法です!ただし、2ストロークエンジンのバイクのみ有効なカスタムです。ご注意ください。

2ストの場合、チャンバーの形状は出力に大きく関わってきます。ここで重要なのが、パワーバンドはエキパイが短ければ高回転、長ければ低回転になります!

チャンバーを断熱テープで巻くことによって、チャンバーの温度は上がります。すると、排気ガスの流れは速くなります。排気ガスの流れが速い、すなわちそれはチャンバーのエキパイを短くしたのと同じことになります。

だから、高回転でパワーを発揮しやすい性質になる訳です。500回転程パワーバンドが上がるのが一般的みたいです。

逆に、低速トルクは減ってしまうので、少々街乗りでは扱いにくくなるかもしれません。サーキッド走行等、最高出力が重要な走り方をする方にはオススメですが、普段街乗りで乗っている方はそのままの方が良いかもしれません。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加