マニュアル車(ミッション車)の乗り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッション車の乗り方

このページでは、マニュアル車(ミッション車)の乗り方について、解説します。

原付免許は、AT車とMT車の免許区分けがありません。そのため、取得した時点でMT車も乗れることになります。しかし、免許センターでは基本的にマニュアル車の乗り方を教えてくれることはなく、乗りたいと思っても、乗り方知らない…。結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。私も最初はそうでした。

また、マニュアル車の運転は、バイクの排気量に関わらず同じなので、これから中型二輪・大型二輪のマニュアル免許を取りに行きたいので予習したいという方にも参考になれば幸いです。


 

~ まずはレバーやペダルの役割を覚えよう ~

 

 

◆クラッチ
クラッチレバーこの有無ががAT車とMT車の大きな違いです!
左手のレバーです。AT車のリヤブレーキレバーの位置にあります。クラッチとは、エンジンの力をタイヤに伝えるか離すかを制御するものです。発進時やギヤチェンジを行う際に使用します。
◆フロントブレーキ
フロントブレーキ右手のレバーです。これはAT車や自転車と同じです。
◆リヤブレーキ
リアブレーキ右足のペダルです。踏むとブレーキがかかります。
◆シフトペダル
 シフトペダル左足のペダルです。シフトには複数種類がありますが、大抵のバイクの場合、下に踏むとギヤが下がり、上げるとギヤが上がります 。
ギアチェンジの仕方については、こちらを参考にしてください。


これらを踏まえたうえで、乗り方について説明します。
次のページへ




  • このエントリーをはてなブックマークに追加