エアークリーナーの役割、種類と手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 まず、エアークリーナーとは、どんな役割があるのでしょうか。

 エンジンは、キャブレターという部品でガソリンと空気を混ぜて送り、それをエンジン内で爆発させ、その爆発で受けた力によって回ります。
 ガソリンは、空気と混ざらないと燃えないんですよ。

 その空気にホコリや小石など混ざっていたら、それもエンジンの中に入ってしまうんですよ。
 それってエンジンにはよろしくないんです。

 そこで、空気の不純物を除去するのが、エアークリーナーです。

 エアークリーナーには、大きく分けて3種類あります。


乾式

 フィルター(エレメント)がろ紙でできています。
 空気が目の細かいろ紙を通ることによって空気を清浄します。

手入れ方法

 エアーコンプレッサー等で汚れを吹き飛ばす方法がありますが、実際のところあまり汚れは取れません。
 新品に交換するのが無難です。


湿式

 スポンジのようなフィルターにオイル等を染み込ませてあるタイプです。
 湿らすことによって、ホコリ等の吸着力を上げています。
 原付など、面積の大きなフィルターを付けるのが困難な場合などに用いられます。

手入れ方法

 まず、容器に灯油を入れ、そこでフィルターを揉み洗いします。
 しっかり汚れを落とし切ったら、完全に乾燥させます。
 灯油は揮発性ではないので、最後にガソリンで洗い流すと早く乾きます。
 乾燥したら、2ストオイルで湿らせます。
 4ストオイルでも構わないらしいですが、もし万が一エンジン内に流れ込んでしまったとき、2ストオイルなら燃焼されて終わりなので、私はいつも2ストオイルで湿らせています。
 後は元通りに組み付けて完了です。


ビスカス式

 ろ紙にオイル等を染み込ませてあるタイプです。
 寿命が長く、空気の清浄効果も高いです。

手入れ方法

 ろ紙で出来ている為、湿式のように洗浄することができません。
 オイルが染み込ませてある為、エアーコンプレッサで吹き飛ばすこともできません。
 汚れてしまったら、交換するしかありません。<




  • このエントリーをはてなブックマークに追加