キャブレター

キャブレター取り外し ズーマー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイトルが、なぜ「取り外し」なのか…
オーバーホールではないのか…

この意味は、読んでいけばわかります。

エアクリーナー点検の続きで、次はキャブレターを外します。
※プラグは点検済み

まずは、邪魔な部品を取っ払いましょう!!

z
ズーマーは、外す箇所が多く、キャブにたどり着くまで一苦労です。

んで、こいつがエンジン不調の原因と思われるキャブレター。

c
矢印のネジを外すと本体が引っこ抜けます。

あとは周りのホース類を抜きましょう!(取り付け時わからなくならないよう注意)

つーかこいつ、冷却水がキャブの中を通っているタイプでした。
冷却水のホースは、引っこ抜くと冷却水が漏れてきます。
理想は全部出してからやることでしょうが、めんどくせえ!!

こんな風に上向きにしておけば漏れてこないから、いつもこうやってますww

h
エンジンかけなければ一定量こぼれたらもう出てこないのかな?
試したことありません。

さぁ次は、フロート室内の洗浄です!

…と言いたいところだけど、問題発生。

cf
ネジがなめってるよーーーー!!

どうやら前回やった時、やってしまったようです…
そして、どうにかしようとしましたが、あいにくラスペネ(固着しているネジを潤滑させ、外しやすくするもの)も持ってきておらず、とどめを射してしまいました。
Mさんすみません!m(_ _)m

これが、冒頭で書いた「取り外し」の意味です。

仕方ないから、外側から吹けるところだけ吹き、ガソリンをドレンから抜いて終了…。

逆の手順で組み直し、全く期待せずエンジンをかけてみると…

なんと!高回転まで回るようになりました!!

ちょwwwええええwwww
やった張本人が一番ビックリwww

ただし。

アイドリングは不安定なままです。
おそらく、スロージェット(パイロットジェット)はまだ微妙に詰まってるんじゃないか…?

エンジンが温まるまでは吹かしてないと止まる状態。

やっぱり、フロート室内はしっかり洗浄しなきゃダメですね。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加