タンク取り外し

タンク取り外し XJR400R

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジンの調子に関わるような箇所の整備や改造・点検時には、タンクが邪魔で外すことはよくあることです。
プラグ、キャブレター、エアークリーナー、エンジンなどは、全てタンクの下にありますからね。

早速タンクの外し方を書きたいと思います。

まぁ、すごい簡単なんで、あまり詳しくは書きませんwww
車種ごとにタンクに繋がっているホース類も違いますので。

まず第1に、絶対忘れてはならないこと

タンクのコックを確認しましょう!!

XJR400R コック
こいつを忘れると、大変なことになりますぜ…

負圧式だったらプライマリーにしてない限り大丈夫でしょうが、落下式の場合、ガソリンが垂れ流しになります…

絶対に負圧式はON、落下式はOFFにしましょう。

ちなみに、俺は何回も忘れてガソリンを溢しまくりましたwww

次に、シートを外し、タンクとフレームを繋いでいるボルトを外しましょう!

XJR ヒューエルタンク
あとは、手当たり次第にホース類を抜いていきましょう!
ただし、抜いたホースは元に戻す際、どこにどのホースが刺さっていたかわからなくならないように。

それと、オーバーフロー用のホース(ガソリンを入れ過ぎた時に、下にこぼすホース)は、タンクから抜くよりも、ホースごとフレームから引っこ抜いた方が楽な場合も多いです。

落下式の場合、ガソリンをキャブやインジェクションに送るホースとオーバーフローホース
負圧式の場合、落下式+負圧のホース
ガソリンメーターが付いている場合、その配線

ぐらいしか付いてないと思います。

ま、なんのホースとか意識せず、繋がっているもの全てを外せばOKです(笑)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加