ピストン(エンジン腰上)

腰上OH ピストン交換(2スト) TZR50R

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相当前にやった腰上OH(ピストン交換)の画像が残っていたので、そいつを取り入れながら、説明したいと思います。

ちなみに、取り付けの画像しかなかったので、取り外しは逆の要領で考えてくださいね。

基本的にエンジンは車体に載せたたまま行うと思いますが、こん時はサブエンジンのOHをしたので、降ろしてある状態でやりました。
載っけたまま行うには、腰上を取り付け・取り外しに邪魔な部品(タンクやラジエター等)を外してから行ってください。

あと、取り外しは先にクーラントと抜いときます。抜かずにやるとエンジン内にクーラントが… 大変なことになるから絶対ですよ!

~ 組み付け工程 ~

TZR50R ピストン交換 工程1 まずは、ピストンやピストンピン、ピストンリング、コンロッドなど、摩擦をうける部分にオイルを塗りたくりましょう。部品を長持ちさせるためにも、忘れずに。あと、この時点でピストンリングと片側のサークリップも付けておきましょう。
終わったら、シリンダー・シリンダーヘッドとその接合部分を見て、ゴミやガスケット等がくっ付いていたらきれいに落とします。これを怠ると、クーラントがエンジン内に漏れたり、空気が入ったりするので注意です。
TZR50R ピストン交換 工程2 いよいよ組み付けていきます。まずは、腰下に隙間ができないようにウエスをつっこみます。ゴミもそうですが、サークリップ取り付け時に腰下に落としたら大問題です。クランクに巻き込まれてエンジン終わります。
ウエスを詰めたら、ピストン中央の隙間にコンロッドをはめ、ピストンピンを入れます。んで、ピストンにサークリップをはめます。
写真のピストンが汚いのは、中古ピストン(しかも縦傷あり)をやすり掛けしてつけてるからですw
TZR50R ピストン交換 工程3 次はシリンダー。ガスケットを先につけておく。吸排気ポートの方向を確認して、ピストンリングを抑えつけながらはめ込みます。
ここで、重要な作業があります。それは、センター出し!
シリンダーを組み付ける際、ボルトを仮締めして、セルやキックでエンジンを回します。これは、何回やればいいとか、そんな定義ないので、気が済むまでやりましょうwまぁ、3,40回回せば充分だと思いますが。これを行うことによって、ピストンとシリンダーを真っ直ぐに組み付けることができます。
 これを怠ると、斜めに入ってしまうことがあり、パワーダウンしたり、最悪の場合焼きつくのだとか。

センター出しが終わったら、対角線上に少しずつ、ボルトを締めていきます。
これは、真っ直ぐに締める為です。1本ずつ一気に締めてしまうと、ずれてしまう危険が高いです。
その時、4本締めたらまたセンター出し。またさらに4本締めたらセンター出し。これを繰り返し行いましょう。

TZR50R ピストン交換 工程4 これで、シリンダーヘッドをはめ込んでナットを締めていきます。
こちらも、対角線上に少しずつ締めます。

あとは外した部品を取り付けて、クーラントを入れて終了です。
20分ぐらいはアイドリングして、ピストンとシリンダーをならしてあげましょう。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加