あ行

アーシング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクは、フレームやエンジンなど、車体全体にマイナスの電気を流している(アース)。
しかし、アースがしっかりできていなかったり、経年劣化してくるとしっかり電気が伝わらず、本来の力を発揮できない。
そこで、いろいろな箇所に電気配線でバッテリーのマイナスと繋ぐことにより、電気効率を上げることをアーシングという。
これは、車種や個体差で効果の差が大きい改造(整備?)である。
効果がなければ、もとからアースがしっかりできていると言える(やり方に問題がなければ)。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加